×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『私がモテてどうすんだ』超話題沸騰の腐女子のリアル乙女ゲーラブコメ☆イケメン男子4人に囲まれながらリアル乙女ゲーな学校生活!〜アフィリエイト紹介サイト嶋津球太〜

『私がモテてどうすんだ』とは…

『私がモテてどうすんだ』とは…

 

■高校生・芹沼花依は、男同士が仲良くしているのを見て妄想するのが大好きな肥満腐女子で、「男の子同士が仲良くしているのを見ているのが何より大好き!」高校2年生。
有り余る妄想力で"カップリング"を楽しみながら、今日も親友のあーちゃんと腐女子トークに花を咲かせる。

■ある日花依は、大好きなアニメキャラが死んだショックで体重が激減し、それがきっかけで誰もが振り返る美少女に変身!?
すると、高校の4人の美少年から熱烈なアプローチを受けるようになる。





しかし相変わらず腐女子な彼女は、ずれた考えで彼らと接することとなる。
イケメン男子4人に囲まれながらリアル乙女ゲーな学校生活を送ることになり。
まさかのモテ期到来に、果たして花依は!?
予想外のドキドキ・リア充イベントばかりで、もう耐えられないよ、どうすんだ――!!?




私とじゃ萌えないのに!! まさかのモテ期でどうすんだ――!!?

登場人物紹介

芹沼 花依(せりぬま かえ)- 小林ゆう / 花澤香菜

保健委員で、部活は史学部所属。
BLが大好きな腐女子で、男同士が仲良くする姿を見たり妄想したりして楽しんでいる。
太った容姿だったが、アニメ『ミラージュ・サーガ(ミラ・サガ)』の大好きなキャラクター「シオン」が死んだショックで、1週間飲食を摂らずに部屋へ引きこもり号泣し続けた結果、胸を除いて体重が減少し、別人のような美少女に変貌する。

間もなく以前から交友のあった男子達に好意を寄せられるが、本人は「乙女ゲーム」的モテ期(逆ハーレム)到来に困惑してしまう。
好きなアニメを見るときは、Twitter(アニメ内では「COMMETTER」)で実況しながら見る。アカウント名は「えっか」。

史学部所属だけに歴史マニアでもあり、カードゲーム『城ガード』やアニメ『甲冑乱舞』なども好む。
一方で知識は「衆道の歴史」などと偏っており、各教科で赤点を取るなど勉学にはあまり役立っていない。

縫製技術が高くコスプレ衣装を自作したりが可能。
手作りバレンタインチョコが失敗続きで全部自分で食べて処分したことから一度は肥満体型に戻ってしまうが、男子たちのサポートもあって無事ダイエットに成功している。

六見 遊馬(むつみ あすま)- 島ア信長 / 櫻井孝宏

史学部所属。
クールな外見とは裏腹に寛大な性格の持ち主。
痩せた後の花依を見た時に一目で気付き、周囲の反応に困惑する花依に対して「優しいのは変わらない」と言う。

時に天然ボケな発言で周囲を和ませる、花依を癒してくれる存在。
天然ゆえにコミケなどのオタク的状況にしれっと適応できる。普段は穏やかだが怒ると非常に怖い。

花依のことが恋愛として好きなのか曖昧で、もっぱら他のメンバーの集まりに乗っかる形で参加することが多い。
なので、分かりやすくアプローチするような行動は少ない。

五十嵐 祐輔(いがらし ゆうすけ)- 小野友樹 / 細谷佳正


サッカー部所属。爽やかな容姿でクラスの人気者。
いち早く抜け駆けして花依と2人きりになろうとするなど、強かな一面も持っている。
一方で、直情的な七島・四ノ宮を抑える役回りであることもある。

花依の体型が元に戻ったエピソードで花依の明るくて前向きな優しい性格に気づき、花依のことを外見だけではなく性格も好きになったことを自覚する。

七島 希(ななしま のぞむ)- 河本啓佑 / 鈴木達央

元サッカー部所属。
口は悪いが裏表がない。祐輔とは中学時代からの親友・ライバルで、“ナナ”の愛称で呼ばれる。
アニメ『ミラージュ・サーガ(ミラ・サガ)』の「シオン」に容姿が酷似しているために花依から「3Dシオン」とも呼ばれ、シオンの真似をして花依の気を引こうとすることもある。

少女アニメ『プリプリムーン』が好きな幼い妹の光がおり、妹の影響で『プリプリムーン』の台詞やダンスは全て覚えている。

四ノ宮 隼人(しのみや はやと)- 松岡禎丞 / 神谷浩史

花依と同じ保健委員。
ノルウェー人とのクォーターで、色白で髪の毛も地毛が茶髪である。
成績優秀な優等生だが、ツンデレでドジっ子な美少年。

当初は花依に対して非常に冷たい態度をとっていたが、彼女が痩せてからは彼女にふさわしい男になろうと意気込んでいる。
その反面要領が悪いため失敗を繰り返し、2度ほど花依の胸に顔を埋めてしまったことがある。

二科 志麻(にしな しま)- 沢城みゆき / 赤ア千夏

高校1年生で花依の後輩。
同人作家「横縞」として活躍する。
凛々しい容姿の持ち主で、同性からの人気が高い。
花依とはコミケで知り合い、その時は『灰執事』に登場するセバスのコスプレをしていたため男性だと勘違いされていた。
花依が横縞のファンであったことから意気投合し、腐女子仲間となった。
同時に、花依を恋愛対象として見ているような言動も多い。
花依のファーストキスの相手。

人の心に踏み込む「人たらし(悪意なし)」な上、コレクションをきっちり管理する几帳面な性格。
即興でかなりうまい絵を描くなど画力も高い。
家は大邸宅で図書館のような書庫やフィギュア展示用ルーム、コスプレ用衣装ルームなども持つなどあまりの高レベルっぷりに七島に「チート」「盛りすぎ」と言われる。



中野 あまね(なかの あまね)- 下田麻美 / 瀬戸麻沙美

通称「あーちゃん」。
花依の親友で、コミケやアニソンライブ、声優トークショーなどのオタクイベントも一緒に行くオタク・腐女子仲間。
ショートヘアの美少女で、「みっくん」(みこしば)という彼氏もいるが、オタク・腐女子の趣味を明かしていない。
そのため、その年の冬コミは不参加となった。

激ヤセして美少女となった花依を自分のことのように喜んでくれたが、縮まなかった巨乳に対しては少し嫉妬している。